特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計問題

首相、従来答弁を訂正 計画把握「1月」と強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は25日の参院予算委員会の閉会中審査で、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を知った時期を「今年1月20日」だったと前日に続いて主張する一方、過去の答弁で表現が誤っていたとして「多少混同して答弁した。おわびして訂正したい」と釈明した。しかしこれまでの国会では、首相は約2年前から知っていたかのような答弁を繰り返しており、野党は「虚偽答弁だ」と反発。政権が批判の収束を目指した審議で、逆に新たな疑念が生まれた形だ。【光田宗義】

 首相は25日の予算委で、24日に衆院で行った「1・20」答弁について説明。愛媛県今治市が獣医学部を新設する国家戦略特区の申請は2年前から知っていた、とする一方、その事業者が加計学園だとは「承知していなかった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1055文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集