特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

アーチ攻勢でNTT東 点の取り合い制す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本(東京都)-日本通運(さいたま市)】七回表NTT東日本2死一、二塁、下川が勝ち越しの3点本塁打を放つ=東京ドームで2017年7月25日、渡部直樹撮影
【NTT東日本(東京都)-日本通運(さいたま市)】七回表NTT東日本2死一、二塁、下川が勝ち越しの3点本塁打を放つ=東京ドームで2017年7月25日、渡部直樹撮影

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は12日目の25日、東京ドームで決勝を行い、NTT東日本(東京都)と日本通運(さいたま市)が対戦。NTT東日本が本塁打攻勢で日本通運を降し、電電東京時代の第52回大会(1981年)以来、36年ぶり2回目の優勝を飾った。

○NTT東日本10-4日本通運(さいたま市)●

 NTT東日本が4本塁打で、序盤の接戦から抜け出し、打ち勝った。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文512文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする