メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

なりすまし詐欺、対策は? /福島

なりすまし詐欺で使われる手口を紹介するチラシ。県内の警察署などで配布している=県警本部で

手口をよく知って 「自分は大丈夫」危うい

 なるほドリ なりすまし詐欺の被害のニュースが多いね。

 記者 なりすまし詐欺は、電話などで親族や公的機関の職員になりすました人物がうそを言って信用させ、現金をだまし取る犯罪です。2016年には県内で101件発生し、被害額は3億831万円に上りました。今年も6月末時点で42件、8811万円の被害が出ていますが、件数は前年の同じ時期より11件減っています。

 ただ最近は、行政機関の職員などの信用度の高い職業や、実在する百貨店を装って信用させる手口の詐欺電話…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです