北アルプス国際芸術祭

入場者数 目標大幅超え 市長、継続開催に意欲 大町 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北アルプス国際芸術祭で展示されている作品の一つ=大町市で
北アルプス国際芸術祭で展示されている作品の一つ=大町市で

 大町市の牛越徹市長は26日の記者会見で、30日に閉幕する「北アルプス国際芸術祭2017」(市など実行委員会主催)の入場者数とチケット販売枚数が目標を上回ったと明らかにした。「作品の水準が高く、市民の積極参加もあり、予想を大きく上回った」とし、今年だけでなく継続して芸術祭を開催することに意欲を見せた。

 空き店舗や湖畔などを会場に、国内外36組の芸術家が個性的な作品を展示。新潟県の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」などを手がけた北川フラムさん(70)が総合ディレクターを務める。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集