メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水に挑んで

大阪ボート物語/7 女子ナックルフォア「ギャルズ」 5人の絆「家族のよう」 /大阪

ギャルズのメンバー=大阪府高石市の府立漕艇センターで、竹内梓撮影

 真夏の日差しが厳しくなった7月1、2両日、高石市の府立漕艇センターで「関西選手権競漕大会」が開かれた。本部テントでは、スタッフが動き回っていた。熱中症で倒れた選手を手当てし、関係者に昼食のチケットを配布する。テント下で販売する飲料水は暑さで例年になく売れていた。

 「スポーツドリンクがなくなりそう」「私が買ってくる」。青山洋子さん(68)が乗用車で買い出しに出掛けた。

 テント下では、足高厚子さん(66)、高松左千子さん(66)、中野京子さん(65)、樋口淑子さん(6…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1317文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです