メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大白浜水族館

ヤドカリの背に摩天楼 生態研究と現代芸術コラボ 特別展 /和歌山

「天壇」の貝殻を背負ったヤドカリ=和歌山県白浜町の京都大白浜水族館で、藤田宰司撮影

 貝殻を背負って生きるヤドカリの生態の研究成果と、3Dプリンターで作った透明な貝殻をヤドカリに背負わせたアート作品を紹介する特別展「ヤドカリと貝殻 生態と芸術」が、白浜町の京都大白浜水族館で開かれている。10月1日まで。

 ヤドカリを35年以上研究している海洋生物学者の朝倉彰館長と、東京在住の現代美術家AKI INOMATA(アキ・イノマタ)さんによる合同展。朝倉館長が2年前、東京で行った講演会にイノマタさんが訪れて意気投合し、「ヤドカリと貝殻」をキーワードに、生物学と現代アートのコラボが実現した。

 イノマタさんが出品しているのは「やどかりに『やど』をわたしてみた」と題するシリーズ作。実際のサザエ…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文799文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]