メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大白浜水族館

ヤドカリの背に摩天楼 生態研究と現代芸術コラボ 特別展 /和歌山

「天壇」の貝殻を背負ったヤドカリ=和歌山県白浜町の京都大白浜水族館で、藤田宰司撮影

 貝殻を背負って生きるヤドカリの生態の研究成果と、3Dプリンターで作った透明な貝殻をヤドカリに背負わせたアート作品を紹介する特別展「ヤドカリと貝殻 生態と芸術」が、白浜町の京都大白浜水族館で開かれている。10月1日まで。

 ヤドカリを35年以上研究している海洋生物学者の朝倉彰館長と、東京在住の現代美術家AKI INOMATA(アキ・イノマタ)さんによる合同展。朝倉館長が2年前、東京で行った講演会にイノマタさんが訪れて意気投合し、「ヤドカリと貝殻」をキーワードに、生物学と現代アートのコラボが実現した。

 イノマタさんが出品しているのは「やどかりに『やど』をわたしてみた」と題するシリーズ作。実際のサザエ…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文799文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 地震 大阪府北部で震度6弱
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]