メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

ライフセーバー活動 /鳥取

 私は鳥取大学発ライフセービングクラブという部活動に所属している。部員30人で、ライフセーバーとして主に夏場の海水浴場の監視活動やトライアスロンなど各種大会のスイム競技で安全管理に携わり、水辺の事故を未然に防ぐ使命を帯びて活動している。

 一次救命処置や、レスキューボードを使った救助方法を学び、夏場に向けて体力的なトレーニング(交互にランとスイムを繰り返す)も含め練習する。主な活動場所は鳥取市の賀露みなと海水浴場で、15日から8月20日まで監視活動を行う。

 私の入部動機は二つある。まずは海が好きなこと。祖父母の家が綺麗な海水浴場の近くにあり、幼い頃から海…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです