メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

ライフセーバー活動 /鳥取

 私は鳥取大学発ライフセービングクラブという部活動に所属している。部員30人で、ライフセーバーとして主に夏場の海水浴場の監視活動やトライアスロンなど各種大会のスイム競技で安全管理に携わり、水辺の事故を未然に防ぐ使命を帯びて活動している。

 一次救命処置や、レスキューボードを使った救助方法を学び、夏場に向けて体力的なトレーニング(交互にランとスイムを繰り返す)も含め練習する。主な活動場所は鳥取市の賀露みなと海水浴場で、15日から8月20日まで監視活動を行う。

 私の入部動機は二つある。まずは海が好きなこと。祖父母の家が綺麗な海水浴場の近くにあり、幼い頃から海…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです