立岡靴工房

オンリーワンの靴提供 老舗店、火事から再建 夫婦二人三脚 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
間借りしている知人の店で靴を染色する立岡海人さん=岡山市北区柳町で、石川勝己撮影
間借りしている知人の店で靴を染色する立岡海人さん=岡山市北区柳町で、石川勝己撮影

 2年前に火事で焼けた岡山市北区・表町商店街の老舗「立岡(たつおか)靴店」が28日、約300メートル離れた店主の自宅を建て替え、オーダーメードの「立岡靴工房」として再建を果たす。店主の立岡海人(かいと)さん(34)は「人の足元を輝かせる魅力的な靴を提供したい」と意欲を見せる。店には妻麻子さん(34)のダンス教室も併設し、夫婦二人三脚で新たな道を歩み始める。【石川勝己】

 靴店は立岡さんの曽祖父が戦後間もなく開業。代替わりしてから立岡さんの母洋子さん(64)が切り盛りし、既製品の販売や修理の受け付けをしていた。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文805文字)

あわせて読みたい

注目の特集