メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

香川・豊島の産廃問題=植松晃一(高松支局)

地下水のたまった「つぼ掘り」跡の穴=香川県土庄町・豊島で6月18日、植松晃一撮影

進まない地下水浄化

 産業廃棄物が大量に不法投棄され、全国の注目を集めてきた香川県土庄(とのしょう)町・豊島(てしま)。瀬戸内海の小島での廃棄物の搬出は完了したと思っている人が多いのではないだろうか。確かに約91万トンの産廃と汚染土壌の処理は約14年の歳月を経て今年6月に完了したが、産廃によって汚染された地下水の処理は思うように進んでいない。地下水浄化は産廃処理とは異なる難しさをはらんでいる。

 「普通の地下水浄化と全然違う。地下水がどう流れているかも把握できない。暗中模索でやっている」。6月…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです