メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

マルチ商法 「紹介するだけ」が被害に

 18歳(さい)の高校生らが親権者の同意なしに契(けい)約(やく)ができるようになった場合、最も懸(け)念(ねん)される問題の一つが、いわゆる「マルチ商法」による被(ひ)害(がい)の増加だ。マルチ商法は、商品やサービスを契約した人が次の買い手を探し、買い手が増えるごとに利益を得る仕組み。愛知県の20代女性の例を見てみよう。

 ある日高校時代の友人から連(れん)絡(らく)があり、レストランで再会すると、あるビジネスを紹(しょう)介(かい)された。「化(け)粧(しょう)品(ひん)を買って友(とも)達(だち)を紹介するだけ。月20万円稼(かせ)いでいる子もいるよ」。熱心に勧(かん)誘(ゆう)され、会員登録をして30万円分の化粧品をクレジットカードで購(こう)入(にゅう)した。2日後、商品と勧誘に使うパンフレットが届いた。し…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです