メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
科学の森

超高精度、DNA型鑑定 作為や先入観の排除が課題

 捜査現場や刑事裁判で活用されているDNA型鑑定。最近では容疑者特定とは反対に、冤罪(えんざい)の救済に役立てようとの動きが広がる。ただ、鑑定の精度は高く「究極の証拠」と言われる一方、使い方次第ではもろ刃の剣にもなり得る。DNA型鑑定の課題とは?【荒木涼子】

 ●弁護士と科学者で

 「一日も早く再審が始まり、無罪になってほしい」。静岡県で1966年、一家4人が殺害された袴田事件。2014年に死刑判決の再審開始決定で釈放された、袴田巌・元被告(81)の家族は訴える。袴田さんは捜査段階での「自白」を根拠に死刑を言い渡されたが、DNA型鑑定で再審開始への道が開けた。

 鑑定では、現場の近くから見つかった衣類の血痕が袴田さんのものではないと判断された。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1557文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです