メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

超高精度、DNA型鑑定 作為や先入観の排除が課題

 捜査現場や刑事裁判で活用されているDNA型鑑定。最近では容疑者特定とは反対に、冤罪(えんざい)の救済に役立てようとの動きが広がる。ただ、鑑定の精度は高く「究極の証拠」と言われる一方、使い方次第ではもろ刃の剣にもなり得る。DNA型鑑定の課題とは?【荒木涼子】

 ●弁護士と科学者で

 「一日も早く再審が始まり、無罪になってほしい」。静岡県で1966年、一家4人が殺害された袴田事件。2014年に死刑判決の再審開始決定で釈放された、袴田巌・元被告(81)の家族は訴える。袴田さんは捜査段階での「自白」を根拠に死刑を言い渡されたが、DNA型鑑定で再審開始への道が開けた。

 鑑定では、現場の近くから見つかった衣類の血痕が袴田さんのものではないと判断された。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1557文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]