メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

後利用、収益性を重視 「球技専用」へ日本陸連も了承

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の後利用について検討するスポーツ庁のワーキングチーム(WT、座長=水落敏栄副文部科学相)の会合が26日に開かれ、大会後はサッカーなどの球技専用とする方向でまとまった。収益性重視の「稼げる競技場」を模索する。

 WTの会合は昨年9月以来、10カ月ぶり。陸上競技の国際大会などを開催するにはサブトラックが必要で、五輪では明治神宮外苑の軟式野球場に仮設する。大会後に取り壊すサブトラックを常設できるか否かが、新国立競技場に陸上トラッ…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです