メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

糖尿病治療は継続が大切

 糖尿病の初期は自覚症状がほとんどなく、気づいた時には失明などの重篤な病気を合併してしまっていることもある。患者の話をよく聞き、ニーズに応じた適切な治療を行っている高松紺屋町クリニック(高松市紺屋町)の佐用義孝院長(59)に国民病とも言われている糖尿病について、セルフケアの重要性を聞いた。

多くの県民、医療機関に

 --香川県における糖尿病の現状を教えてください。

 ◆糖尿病で医療機関を受診している県民は厚生労働省の患者調査によると、2014年が10万人当たり28…

この記事は有料記事です。

残り3278文字(全文3509文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 児童虐待 2歳男児をゴミ袋に入れて放置 同居の男再逮捕
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. 元配達員 配達先の少女暴行 強制性交等罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]