特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

高知大会 過疎の町沸いた 準V・檮原、スタンドに700人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
グラウンドの選手たちに声援を送る高知県檮原町の住民ら=高知市の県立春野球場2017年7月26日、安田光高撮影
グラウンドの選手たちに声援を送る高知県檮原町の住民ら=高知市の県立春野球場2017年7月26日、安田光高撮影

 第99回全国高校野球選手権大会の高知大会決勝が26日、高知市の県立春野球場であり、人口約3600人の檮原(ゆすはら)町唯一の高校で創部11年目の檮原が明徳義塾と対戦。人口の5分の1に近い約700人の町民の声援を受けて善戦しながらも3-7で敗れ、あと一歩甲子園には届かなかった。

 1アウトを取るごとに沸き上がる観客席。その光景は、初めて高知大会に臨んだ時と似ていると、創部当時の校長、横川剛史さん(64)はいう。「あの頃は力がなくてフライを捕るだけでも盛り上がった。それが10年で決勝まで進むとは」

 地元中学生の町外への流出が続き、統廃合の危機を迎えていた檮原に野球の同好会が誕生したのは2006年。生徒の減少を食い止め、地域の担い手を育てようと、グラウンドの整備や米の差し入れなど、町ぐるみで支援。翌年野球部となると、過疎の町のシンボル的存在となった。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文778文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る