メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省

突出する情報管理 報道側撤回申し入れ4度

執務室のドアをカードで解錠して入室する職員ら

 経済産業省が省内全執務室を日中も施錠し、取材の場所や対応する職員を制限する措置を取ってから5カ月がたった。同省を拠点に取材する新聞やテレビなど23社で構成する「経済産業記者会」は4回にわたって取材制限の撤回を求めてきたが、同省は応じていない。それどころか職員の取材対応が以前より消極的になるなど弊害がじわじわと広がっている。

 「施錠が始まって以来、迅速な取材対応が取られなくなり支障が生じている」。記者会のメンバーらが先月、…

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  3. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  4. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです