メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連合

政労使合意を見送り 成果型労働制、容認撤回を決定

 成果型労働制といわれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案の修正を政府に求め、制度を容認する姿勢を示していた連合は27日午前、札幌市で中央執行委員会(中執)を開き、政労使合意を見送って容認姿勢を撤回する方針を正式決定した。傘下の産業別労組、地方組織から相次いだ高プロ反対の声に、執行部が押し切られた。

 連合は中執終了後、ナンバー2の逢見直人事務局長の談話を公表。高プロ導入に、裁量労働制拡大と残業時間の上限規制を加えて改正する政府方針に対して「政労使合意を模索したが、一致点は現時点で見いだせない」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです