メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連合

政労使合意を見送り 成果型労働制、容認撤回を決定

 成果型労働制といわれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案の修正を政府に求め、制度を容認する姿勢を示していた連合は27日午前、札幌市で中央執行委員会(中執)を開き、政労使合意を見送って容認姿勢を撤回する方針を正式決定した。傘下の産業別労組、地方組織から相次いだ高プロ反対の声に、執行部が押し切られた。

 連合は中執終了後、ナンバー2の逢見直人事務局長の談話を公表。高プロ導入に、裁量労働制拡大と残業時間…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文434文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです