メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク

消費者庁が措置命令 おとり広告で

おとり広告と指摘されたソフトバンクのキャンペーン告知の一部

 ソフトバンクが昨年11月に実施した販売キャンペーンの告知が景品表示法違反(おとり広告)にあたるとして、消費者庁は27日、再発防止を求める措置命令を出した。実際には購入できない商品を、あたかも購入できるかのように不当に宣伝したとしている。

 ソフトバンクは昨年11月3~13日のキャンペーンで、腕時計型端末「アップルウオッチ」を1万1111円の特価で店頭販売すると自社サイトで告知。取り扱い店485店舗と対象となるアップルウオッチ86種類を表示した。しかし、消費者庁によると、ほぼ全店舗で、半数以上の種類の在庫がなかった。

 対象の86種類は「第1世代」と呼ばれる旧型で、在庫処分だった。告知には「在庫がなくなり次第、終了となります」「商品によっては在庫がない場合もあります」との記載もあった。これについて消費者庁は「キャンペーン初日に在庫が存在しないことが例外であるかのような記載」と認定し、不当と判断した。

 ソフトバンクによるとキャンペーンに際して在庫1128台を306店舗に配分した。「予測を大きく上回る反響があり、要望に応えられなかった。命令を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める」としている。【曹美河】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 傷害致死 疑いで男2人逮捕 職場同僚の体内に空気注入
  2. 東山動植物園 雄のコアラ死ぬ…9日に続き 雄は1頭に
  3. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
  4. 悪ふざけ投稿 消防士3人が尻にホース、裸でポンプ車
  5. 火災 住宅全焼、焼け跡から2遺体 不明の夫婦か 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]