LINE

重点市場でも利用者減少 「成長の壁」鮮明に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事業戦略を説明するLINEの出沢剛社長=2017年6月15日
事業戦略を説明するLINEの出沢剛社長=2017年6月15日

 メッセージングアプリ国内首位のLINEが26日、2017年第2四半期(4~6月)の連結決算を発表した。LINEが重点市場としている日本、台湾、タイ、インドネシアのアジア4カ国・地域での月間アクティブユーザー数(MAU)は6月末で1億6900万人となり、前四半期(3月末)から200万人減少した。

 重点市場4カ国・地域でのMAUが四半期ベースで減少したのは初めて。成長市場インドネシアで初めてMAUが減少したのが響いた。

 アクティブユーザー数は、実際にサービスを利用している人の数を示す。その規模や伸びはサービスの影響力や成長の勢いを判断する指標となる。LINEの全世界でのMAUは既に16年12月末から減少に転じている。今回、同社が戦略的に成長資金を投入している重点地域でもMAUが減少したことで、LINEの中核サービスであるメッセージングアプリとしての「成長の壁」がさらに鮮明になった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文762文字)

あわせて読みたい

ニュース特集