メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LINE

重点市場でも利用者減少 「成長の壁」鮮明に

事業戦略を説明するLINEの出沢剛社長=2017年6月15日

 メッセージングアプリ国内首位のLINEが26日、2017年第2四半期(4~6月)の連結決算を発表した。LINEが重点市場としている日本、台湾、タイ、インドネシアのアジア4カ国・地域での月間アクティブユーザー数(MAU)は6月末で1億6900万人となり、前四半期(3月末)から200万人減少した。

 重点市場4カ国・地域でのMAUが四半期ベースで減少したのは初めて。成長市場インドネシアで初めてMAUが減少したのが響いた。

 アクティブユーザー数は、実際にサービスを利用している人の数を示す。その規模や伸びはサービスの影響力や成長の勢いを判断する指標となる。LINEの全世界でのMAUは既に16年12月末から減少に転じている。今回、同社が戦略的に成長資金を投入している重点地域でもMAUが減少したことで、LINEの中核サービスであるメッセージングアプリとしての「成長の壁」がさらに鮮明になった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  2. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  3. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです