メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任天堂

売上高2.5倍 「スイッチ」好調 4~6月期

 任天堂が26日発表した2017年4~6月期連結決算は売上高が前年同期比で約2.5倍の1540億円で、本業のもうけを示す営業損益は162億円の黒字(前年同期は51億円の赤字)、最終(当期)利益は212億円の黒字(同245億円の赤字)と、黒字転換を果たした。今年3月に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の出荷が好調だったことが貢献した。今後のスイッチが「Wii(ウィー)」のような大ヒット商品に成長できるかが、業績改善のカギを握る。

 スイッチは発売以降6月までに国内外で470万台を販売。4~6月期は197万台で、売上高1000億円超は4~6月期では7年ぶり。株価も4月から6月末までに約40%も上昇した。ソフトは4月発売の「マリオカート」が354万本売れ、今月には人気の「スプラトゥーン」も発売。今年度のスイッチの販売目標は1000万台だ。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです