メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レゴランド社長

水族館は体験型 家族向けリゾート目指す

「今後もお客様の声を聞きながら新商品をつくりたい」と話すイェンセン社長=名古屋市のレゴランド・ジャパンで2017年7月26日、大野友嘉子撮影

 名古屋市港区で4月にオープンしたテーマパーク「レゴランド・ジャパン」の運営会社のトーベン・イェンセン社長が26日、毎日新聞のインタビューに応じ、来年開業する併設ホテルの詳細を明らかにした。ホテルは8階建てで、1~2階には水族館「シーライフ」を設ける。「生き物に触ったり、生態について学べたりする仕掛けをつくる。『体験型』に重点を置く」とし、近隣の名古屋港水族館との差別化を図るとした。【大野友嘉子】

 ホテルはレゴランド正面入り口の東に建設中。2018年中に開業する予定。延べ約1万6000平方メートルで、客室は252室。水族館は2~3時間程度で見て回れる規模という。「初日にレゴランドで遊んでホテルに泊まり、翌日は水族館に行ける。家族で過ごせるリゾート施設を目指したい」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです