メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

セッションズ司法長官への批判、止まらず

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、セッションズ司法長官に対するトランプ大統領の批判が止まらない。大統領選中の駐米露大使との接触を理由に捜査から身を引いたセッションズ氏の判断が、疑惑追及に拍車をかけたとの不満があるが、更迭に踏み切った場合は「疑惑隠し」の批判は避けられず、議会の反発も必至だ。

 「ウクライナがトランプ陣営を妨害していた。長官、捜査はどうした」「セッションズはクリントン(元国務長官)の犯罪や政権内の情報漏えいに弱腰だ」

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです