メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナンバー

連携システムに不備 今秋の本格運用遅れも

厚労省によるシステム設計不備の影響イメージ図

 マイナンバーを活用して、官公庁や医療保険者などの公的機関が個人情報をやり取りする情報連携システムの準備状況を会計検査院が抽出調査したところ、システム設計の不備などから少なくとも全国145機関で今年秋の本格運用開始が遅れる見通しであることが分かった。保険給付や保険料徴収といった一部の業務で情報連携ができず、住民側は引き続き、課税証明書など「紙の書類」の添付を求められる。

 情報連携の運用がスタートすれば、紙の書類に記載される個人情報が、公的機関の間でマイナンバーにひも付けされて共有される。国は2015年の日本年金機構の個人情報流出問題を受け、開始時期を17年1月から半年後に延期した。今月18日から3カ月程度の試行を経て本格運用を予定している。

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです