メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

完成機体を公開 29日打ち上げへ

打ち上げ前に報道陣に公開された小型ロケット「MOMO(モモ)」=北海道大樹町で2017年7月26日午前10時6分、竹内幹撮影

 民間単独ロケットで国内初の宇宙空間到達を目指す北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が26日、打ち上げを29日に予定している小型ロケット「MOMO(モモ)」の完成機体を公開した。同社の創業者は元ライブドア社長の堀江貴文さんで、稲川貴大社長は「ぎりぎりまで調整と確認作業をし、成功確率を1%でも上げたい」と話した。

     機体は全長10メートル、直径50センチ、重さ約1トンで、オレンジ色の先端部に各種センサーと通信機器を搭載。エタノールを使った1段式の液体燃料ロケットで、大気圏と宇宙空間の境界とされる高度100キロ超えに挑戦する。

     打ち上げ予定は29日午前10時20分~午後0時半で、29日午後と30日が予備日。天候状況を見て判断する。【鈴木斉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
    2. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
    3. JR京浜東北線 警部補が電車にはねられ死亡 横浜
    4. JR東海道線 電車にはねられ高校生死亡 浜松
    5. 安保法成立2年 「9条壊すな」国会議事堂前で反対集会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]