大飯原発

再稼働、12月以降に 安全対策工事ずれ込む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力は26日、大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全対策工事の完了時期が、今月中から8月以降にずれ込むと発表した。今秋以降としていた再稼働も12月以降になりそうだ。

 関電によると、原子炉の下に増設する1次冷却水漏れ検知機器の設置工事の認可が、26日までに原子力規制委員会から下りなかったため…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

あわせて読みたい

注目の特集