JR東海道線

架線切れ、運転見合わせ 山科-米原間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日午後10時半ごろ、大津市大萱1のJR東海道線石山-瀬田間で、走行中の播州赤穂発野洲行き新快速電車(12両編成)の車掌が、架線が切れて火花が出ているのを見つけ、緊急停止した。乗員乗客約300人にけがはなかったが、山科-米原間で上下線とも運転を見合わせた。

 27日午前0時45分現在、復旧見通しは立たず、新快速を含む数十本に運休や遅れなどが生じた。京都、大阪府などの東海道…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集