メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

ドイツ遠征 収穫あり=丸山祐市

 Jリーグで今季設けられた7月の中断期間を利用してFC東京はドイツに遠征し、アウクスブルク、マインツと戦ってきた。到着した翌日から2連戦という日程で、1-2、2-5と連敗したが、多くのことを感じることもできた。

 相手はまだシーズン開幕前で、試合会場は合宿地のようなところ。本来の力の80%くらいが出せていればいいほうだと思う。それでもやはり個々の力はしっかりと感じられた。前線の選手は足元の技術が高く、中盤の選手はボールを失わないし、キックもうまい。後ろの選手は大きくて、強い。これがブンデスリーガなのだと体感した。目の肥えた観客からは一つ一つのプレーで声がかかり、ゴールが決まれば、声をそろえて選手の名前を呼ぶ。観客やサポーターの雰囲気、サッカーに対する情熱も印象に残っている。

 マインツ戦ではFC東京から羽ばたいた武藤嘉紀選手とマッチアップした。東京にいたころに比べて、さらに…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文863文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです