メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命をつむぐ

日航ジャンボ機墜落事故32年 何気ない日々の大切さ 大阪・谷口さん、教員に講演 /群馬

大阪府箕面市教委が開いた教員研修で命の大切さについて語る谷口さん=大阪府箕面市で

 1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故で夫を亡くした大阪府箕面市の谷口真知子さん(69)が25日、同市教委による小中学校の教員研修に講師として登壇した。教員向けに講演するのは初めてで、谷口さんは自身が書いた絵本「パパの柿の木」(星湖舎)を朗読し、「命や、今ある何気ない日々の大切さを伝えていってほしい」と語りかけた。

 谷口さんは2016年7月、絵本を出版した。事故の5年前に「子供たちに食べさせたい」と夫の正勝さん(…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1181文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 火災 木造民家から出火 焼け跡から6遺体 仙台
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 仙台住宅火災 「助けて」の叫び声 恐怖で震える近隣住民
  4. ことば 地面師
  5. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです