メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手足口病

2年ぶり警報発令 県内患者、平年の3倍に 有効なワクチンなし こまめな手洗いで予防を /石川

 幼児がかかりやすいとされるウイルス性の感染症「手足口病」が全国的に流行し、県内でも多くの患者が出ている。今月17~23日の新たな県内患者の報告数は平年の約3倍に達した。県健康推進課は2年ぶりに手足口病警報を発令し、「手洗いの徹底を」と予防を呼びかけている。【石川将来】

 手足口病は4歳くらいまでの幼児を中心に、主に夏場に流行する。エンテロウイルスなどが原因の感染症で、3~5日の潜伏期間の後に口の中や手のひら、足の裏などに2~3ミリの水疱(すいほう)状の発疹が出る。

 通常は数日以内に治ることが多いため特別な治療は必要ないが、3人に1人程度の割合で発熱するほか、下痢…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文778文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです