メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手足口病

2年ぶり警報発令 県内患者、平年の3倍に 有効なワクチンなし こまめな手洗いで予防を /石川

 幼児がかかりやすいとされるウイルス性の感染症「手足口病」が全国的に流行し、県内でも多くの患者が出ている。今月17~23日の新たな県内患者の報告数は平年の約3倍に達した。県健康推進課は2年ぶりに手足口病警報を発令し、「手洗いの徹底を」と予防を呼びかけている。【石川将来】

 手足口病は4歳くらいまでの幼児を中心に、主に夏場に流行する。エンテロウイルスなどが原因の感染症で、3~5日の潜伏期間の後に口の中や手のひら、足の裏などに2~3ミリの水疱(すいほう)状の発疹が出る。

 通常は数日以内に治ることが多いため特別な治療は必要ないが、3人に1人程度の割合で発熱するほか、下痢や髄膜炎などの合併症を引き起こすこともある。高熱や頭痛、吐き気が出た場合はすぐに主治医に相談した方が良い。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです