メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手足口病

2年ぶり警報発令 県内患者、平年の3倍に 有効なワクチンなし こまめな手洗いで予防を /石川

 幼児がかかりやすいとされるウイルス性の感染症「手足口病」が全国的に流行し、県内でも多くの患者が出ている。今月17~23日の新たな県内患者の報告数は平年の約3倍に達した。県健康推進課は2年ぶりに手足口病警報を発令し、「手洗いの徹底を」と予防を呼びかけている。【石川将来】

 手足口病は4歳くらいまでの幼児を中心に、主に夏場に流行する。エンテロウイルスなどが原因の感染症で、3~5日の潜伏期間の後に口の中や手のひら、足の裏などに2~3ミリの水疱(すいほう)状の発疹が出る。

 通常は数日以内に治ることが多いため特別な治療は必要ないが、3人に1人程度の割合で発熱するほか、下痢…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文778文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]