総合球技場

甲府・小瀬に決定 知事「総合的に判断」 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は27日、整備を検討している総合球技場の建設場所について、甲府市小瀬町付近の小瀬スポーツ公園南側に決定したと発表した。後藤斎知事は「比較検討の結果や地元の思いを総合的に勘案し、適当と判断した」と説明。しかし、一部の県議からは「建設ありきではないか」などと否定的な意見も上がった。

 建設場所の候補地を巡ってはこれまでに、甲府市大津町のリニア中央新幹線・新駅予定地南側を含めた2カ所に絞り込まれていた。

 県は、同園南側(第3駐車場部分)に決めた理由について、リニア駅前の用地取得費が約1・8倍と想定される▽新たな玄関口となるリニア駅前で、にぎわい創出や産業振興などを計画する自由度が狭まる▽新山梨環状道路の供用で自動車利用による利便性は変わらない--などとしている。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集