特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

大阪大会 履正社、大冠が圧勝 大阪桐蔭、上宮も準決勝へ /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大冠-春日丘】九回表大冠無死二、三塁、辻が右前に2点適時打を放つ=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、青木純撮影
【大冠-春日丘】九回表大冠無死二、三塁、辻が右前に2点適時打を放つ=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、青木純撮影

 第99回全国高校野球選手権大阪大会(府高野連、朝日新聞社主催)は27日、大阪市住之江区の南港中央球場などで準々決勝4試合があった。大阪桐蔭は興国に先制されたが、六回に8点を挙げて逆転勝ち。履正社は初回に打者10人で5点を奪い、大体大浪商にコールド勝ちした。大冠と春日丘の公立対決は、終盤に得点を重ねた大冠が圧勝し、上宮は汎愛との接戦を制した。準決勝は大阪シティ信金スタジアムで、29日午前10時から大冠と上宮、午後0時10分から履正社と大阪桐蔭が対戦する。【米山淳、青木純、加藤佑輔】

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1380文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る