メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

相模原殺傷1年

碓井真史新潟青陵大教授

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺され、職員3人を含む27人が重軽傷を負った殺傷事件から26日で1年。元施設職員だった被告は今も「障害者は不幸を作る」などと供述しているとされる。排外主義的なヘイトクライム(憎悪犯罪)が世界で相次ぐ中、差別思想をなくすために社会は何をなすべきか。

この記事は有料記事です。

残り4391文字(全文4544文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです