山口・公明代表

自民の47条改憲批判 「合区」解消で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党の山口那津男代表は27日の記者会見で、昨年の参院選で導入された選挙区の「合区」を解消するため自民党が憲法47条の改正を検討していることについて「全体の整合性からも、都道府県の役割からも適切とは言い難い」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文304文字)

あわせて読みたい