メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

蓮舫・民進代表が辞任表明 政党政治が成り立つのか

[PR]

 タイミングにおいても、この間の議論の進め方においても、お粗末としか言いようがない。

 民進党の蓮舫代表が辞任を表明した。敗北した東京都議選後も続投を図ったが、収拾に失敗し、事実上の引責に追い込まれた。

 都議選で民進党は5議席と惨敗したが、蓮舫氏や野田佳彦幹事長はいったん続投を表明した。自民党の歴史的敗北の陰に隠れたことや、「加計問題」などで政権追及を強めていたことから、乗り切れるとみたのかもしれない。

 だが、蓮舫氏が続投批判を封じようといわゆる「二重国籍」問題について戸籍情報を開示したことは混乱を加速させた。野田氏の辞任表明もむしろ蓮舫氏の「身がわり」との印象を与えた。党首として致命的な判断ミスの連続である。

 蓮舫氏が認める通り、党内は求心力よりも遠心力が働く一方だった。離党含みの動きも出ていただけに、続投は極めて困難な状況だった。

 安倍内閣の政権運営をめぐって、ひずみが目立っている。にもかかわらず、野党第1党がまったく政権批判の受け皿となっていない。その現実を突きつけたのが都議選である。蓮舫氏にはその事態への危機感が不足していた。

 もちろん、民進党が抱える体質の問題も大きい。

 政治手腕に不安の声があった蓮舫氏をトップに据えたのは政権の受け皿作りよりも、選挙の顔としての期待からだった。ところが「二重国籍」をめぐり出はなからつまずくと、まともに支えようとしなかった。

 旧民主党以来、民進党は党をまとめる理念や政策の不一致を放置してきた。維新の党と合併しても「バラバラ感」は一向に改まらない。

 蓮舫氏の辞任を受けて焦点は新代表選びに移る。だが、誰が党首になっても、党の存続すら危ぶまれるような状況は変わらないだろう。

 代議制民主主義において政党は不可欠な存在だ。とりわけ小選挙区制に移行してから、政権党が失敗した場合は野党第1党が政権を担うサイクルが期待されてきた。

 与党に輪をかけて野党第1党が迷走する状況は深刻だ。民進党だけではなく、政党政治が成り立つかどうかに関わる問題である。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです