トランプ米大統領

主張に疑問 トランスジェンダー「米軍入隊禁止」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は26日、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)の米軍での勤務や入隊を禁止する考えをツイッターで表明した。性的少数者(LGBTなど)の権利拡大を主要政策に掲げたオバマ前政権の方針を転換するもの。トランプ氏は新方針の根拠について、トランスジェンダーが軍事運用面での「混乱」をもたらし、「巨額の医療コストが負担になる」と主張しているが、疑問の声も上がっている。

 トランプ氏は「軍高官や専門家の知見を得た結果」として、トランスジェンダーについて「いかなる形でも勤務を認めない」とツイートした。国防総省のデービス報道部長は「ホワイトハウスと連携し新たなガイドラインを速やかに策定する」と語った。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1276文字)

あわせて読みたい

注目の特集