メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
難民問題

欧州への渡航、トルコが規制 識者「日本人はもっと関心を」

 難民や移民問題について世界の流れをどう理解し、日本はどう関わっていけばいいのか。大阪大大学院国際公共政策研究科の安藤由香里特任講師(国際人権法)に聞いた。【聞き手・高木香奈】

 2011年の「アラブの春」をきっかけにシリアから多くの人が欧州諸国に流入した。シリアのほか、アフガニスタン、イラク、パキスタンなどが続き、約3割が18歳以下だった。親たちは、子供だけは助けたいとブローカーに託して送り出すケースが多く、受け入れ国側による子供たちの保護促進が必要だ。

 欧州諸国では15年ごろは難民や移民を受け入れようという風潮があったものの、想定よりも多くの人が来て…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文869文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです