メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

宗像直子さん=女性で初めて特許庁長官に就任した

宗像直子さん

宗像直子(むなかた・なおこ)さん

 発明や商標、デザインといった知的財産を保護、活用して産業振興を担う特許庁。7月に初の女性長官として職員約3000人のリーダーに就いた。「女性初」と注目されることに「大変ありがたいが、女性だから何か変わるものでもないかな」と屈託なく笑う。

 通商産業省(現経済産業省)の官僚だった父親の「志とやりがいを持って仕事をしているぞ」という背中を見て育ち、自身も通産省を志望。通商政策分野が長く、2015年7月からは首相秘書官も務めた。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意、政府承認などにも尽力し「感慨…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです