メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

防災研究にも市民の協力

「みんなで翻刻」に取り組む京都大古地震研究会のメンバー=京都大古地震研究会提供

 科学など専門家の研究に市民が参加する「シチズンサイエンス」と呼ばれる取り組みを、防災にも利用する動きが相次いでいる。時と場所を選ばず発生する自然災害の分析では、研究者がその瞬間に立ち会えなかったり、観測機器が無くデータを取れなかったりすることが避けられない。こんな時、その場の市民の協力が大きな力になる。防災に対する市民の意識向上も期待できる。

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです