メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 萩野、復活の銀 200個人メドレー

 【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権は第14日の27日、当地で行われ、男子200メートル個人メドレー決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルの萩野公介(ブリヂストン)が1分56秒01で銀メダルを獲得した。萩野は同種目で2013年大会以来4年ぶりのメダルとなった。瀬戸大也(ANA)は5位だった。

 男子200メートル平泳ぎ予選で、世界記録保持者の渡辺一平(早大)が2分9秒30で全体の3位、小関也朱篤(やすひろ)=ミキハウス=は12位で、準決勝へ進んだ。

 男子200メートル背泳ぎ予選は入江陵介(イトマン東進)が1分57秒21の6位、萩野は12位で準決勝…

この記事は有料記事です。

残り2420文字(全文2694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです