蓮舫・民進党代表

辞意 落選元都議「遅きに失す」 戸惑う民進関係者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党の蓮舫代表の辞任に驚きと戸惑いが広がった。地元東京での人気や知名度から党勢回復への期待がかかったが、お膝元の東京で行われた都議選でも後退。落選した元議員らからは「遅きに失した」と突き放す声も漏れた。

 2日投開票された都議選。民進は当初36人いた公認候補のうち16人と、非公認2人が離党届を出すなどし、当選したのは5人にとどまった。

 辞任表明について、再選した都議会会派幹部の議員は「重い判断だったと思う。蓮舫氏は国政選挙並みに応援に入ってくれて感謝している」と話した。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文670文字)

あわせて読みたい

注目の特集