メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

認知症と「もの忘れ」どう違う? 徳島・伊月病院、西田院長に聞く

 65歳以上の高齢者が25%を超え、「超高齢社会」が進む日本で、認知症患者も増えている。介護をする人にとって切実な認知症。専門の「もの忘れ外来」がある伊月病院(徳島市徳島町2)の西田善彦院長に診断や治療方法などを聞いた。【聞き手、毎日新聞徳島支局長・高橋哲治】

見当識障害、有無で判断 不安を感じたら受診を

 --加齢でもの忘れが多くなりますが、認知症との違いは?

 ◆ど忘れは「あの俳優さんの名前が出てこない」。認知症は何度も会った人をすっかり忘れる。「朝ご飯食べ…

この記事は有料記事です。

残り2203文字(全文2433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです