メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛相

稲田朋美氏、辞任の意向固める

稲田朋美氏

 稲田朋美防衛相(58)は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題の責任を取って辞任する意向を固めた。防衛省が28日、日報問題に関する特別防衛監察の結果を公表するのを受け、同日中にも安倍晋三首相に辞表を提出する。稲田氏は東京都議選中の失言など資質を疑われる問題が相次ぎ、野党が罷免を要求していた。内閣支持率が急落する中、これ以上、稲田氏をかばえないと判断した首相による事実上の更迭だ。

 陸自は、当初は「廃棄した」と説明していた日報の電子データが見つかったことを2月中旬に稲田氏に報告したと主張。同氏は報告を受けたことを否定した。これに関連し、2月15日に稲田氏と黒江哲郎事務次官、豊田硬官房長、岡部俊哉陸上幕僚長ら幹部が防衛省内で協議した際、稲田氏がデータ保管の事実を公表しないことを了承したかどうかが焦点になっている。陸自側はその2日前にも稲田氏に報告したとされる。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです