メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労基法改正案

連合会長「高所得専門職外し容認は誤解」

記者会見で厳しい表情を見せる連合の神津里季生会長(左)。右は逢見直人事務局長=札幌市内のホテルで2017年7月27日午後1時18分、竹内幹撮影

民進と連携を強調

 高所得の専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案への容認姿勢を撤回した連合の神津里季生会長は27日午後、札幌市で記者会見し、高プロ阻止のために民進党との連携を強化する必要性を強調した。しかし、直後に民進党の蓮舫代表が辞任を表明。両者の関係のちぐはぐさが際立った。

 神津氏は会見で、連合の高プロ容認という「誤解」が傘下の産業別労組、地方組織や民進党に広がったとし、…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文685文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです