メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労基法改正案

連合会長「高所得専門職外し容認は誤解」

記者会見で厳しい表情を見せる連合の神津里季生会長(左)。右は逢見直人事務局長=札幌市内のホテルで2017年7月27日午後1時18分、竹内幹撮影

 高所得の専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案への容認姿勢を撤回した連合の神津里季生会長は27日午後、札幌市で記者会見し、高プロ阻止のために民進党との連携を強化する必要性を強調した。しかし、直後に民進党の蓮舫代表が辞任を表明。両者の関係のちぐはぐさが際立った。

 神津氏は会見で、連合の高プロ容認という「誤解」が傘下の産業別労組、地方組織や民進党に広がったとし、「誤解が誤解を生む状況をずるずると引きずってはならない」と高プロ導入に道を開く政労使合意を見送った理由を説明した。労基法改正案に健康確保措置を盛り込む修正を加えるよう、神津氏が13日に安倍晋三首相に要請したことが高プロ容認につながるわけではないと主張した。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです