ハイセンス

シャープブランド使用権、買い戻し要求拒否

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シャープ本社=堺市堺区で、本社ヘリから三村政司撮影
シャープ本社=堺市堺区で、本社ヘリから三村政司撮影

 【青島(中国東部)赤間清広】中国電機大手、海信集団(ハイセンス)の海外販売担当幹部が27日、毎日新聞などの取材に応じ、シャープが買い戻しを迫っている米国でのブランド使用権について「(使用権売却を)提案したのはシャープ側だ。契約精神に欠けている」と反論。「今後もシャープブランドを推進していく」と述べ、要求には応じられないと強調した。

 シャープは2015年に北米でのテレビ生産から撤退し、ハイセンスに対しシャープブランドを付けた米国向けなどのテレビを生産、販売することを20年末までの期限付きで許可した。しかし、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で業績が上向いたことから米国市場への再参入を目指しており、ハイセンスを相手取りブランドの使用差し止めなどを求める訴訟を起こしている。

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集