特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

西東京大会 あす決勝 早稲田実VS東海大菅生 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【早稲田実-八王子】三回表早稲田実1死一塁、野村が中越え適時二塁打を放つ=神宮球場で、藤井達也撮影
【早稲田実-八王子】三回表早稲田実1死一塁、野村が中越え適時二塁打を放つ=神宮球場で、藤井達也撮影

 第99回全国高校野球選手権の東・西東京大会(都高校野球連盟など主催)は28日、西大会の準決勝2試合が新宿区の神宮球場であった。第1試合は早稲田実が昨夏覇者の八王子を4-1で降し、2年ぶりの決勝に進出。昨夏の準々決勝で敗れた雪辱を晴らした。第2試合は東海大菅生が日大二との乱打戦を11-8で制し、4年連続で決勝に進んだ。3年連続準優勝の東海大菅生は17年ぶりの甲子園出場を目指す。西大会の決勝は30日午後1時から同球場である。

 29日は東大会の決勝が午後1時から同球場であり、2014年以来の優勝がかかる二松学舎大付と、初の甲子園出場を目指す東海大高輪台が対戦する。【蒔田備憲、稲垣衆史】

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1380文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る