富士山臨時支局・2017夏

富士登山競走 3669人、世界遺産駆ける(その1) /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山頂コース男子で優勝した五郎谷俊選手
山頂コース男子で優勝した五郎谷俊選手

 第70回富士登山競走(富士吉田市主催、毎日新聞社、富士吉田体育協会など共催)は28日、山頂コース(約21キロ)と5合目コース(約15キロ)で開かれた。計3669人が出場し、世界遺産・富士山を駆け上がった。山頂男子は五郎谷俊選手(埼玉県)が2時間31分34秒で、同女子は吉住友里選手(大阪府)が3時間1分17秒で、いずれも初優勝した。5合目男子は松本翔選手(東京都)が1時間21分29秒で2度目の優勝を果たし、同女子は俵千香選手(福岡県)が1時間36分48秒で初優勝した。【滝川大貴、加古ななみ、小田切敏雄】

この記事は有料記事です。

残り2285文字(全文2539文字)

あわせて読みたい

注目の特集