メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡2017/愛知

名古屋の「顔」どうなる? 再開発計画相次ぐ中心部

 名古屋市中心部で再開発の動きが相次いでいる。名古屋駅前では4月にJRゲートタワーが全面開業し、百貨店の売り上げ規模で栄地区と競り合う。一方、栄や伏見地区でも数々の再開発ビル計画が進み、にぎわいを取り戻そうと懸命だ。名古屋の「顔」は、どのような変貌を遂げるのか。【三上剛輝、大野友嘉子、黒尾透】

百貨店、広域から集客 新ビル効果は一段落 名駅地区

 6月末、名古屋駅前の専門店街「タカシマヤ ゲートタワーモール」には大雨の中、ひと足早いサマーセールの開幕を待つ約1500人の客が行列を作った。名古屋市西区の主婦(38)は「おしゃれな東京発の店が多く、見て回るだけで楽しい」と話す。

 モールは4月中旬にジェイアール東海高島屋が開業した。20~30代女性を核としたファミリー層をターゲットに専門店151店をそろえ、中高年層が中心の高島屋を補完する。岐阜、三重県からも鉄道で集客できる「圧倒的なロケーション」(柘植康英JR東海社長)で、開業9日間の来場者は100万人を超えた。名鉄百貨店本店を含む名駅地区の百貨店売上高は5月に前年同月比23%増の164億円となり、栄地区を初めて上回った…

この記事は有料記事です。

残り2311文字(全文2799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです