東日本大震災

2メートルに成長鮮やか 被災地から種、ヒマワリ見ごろ 岩出 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
見頃を迎えたヒマワリ=和歌山県岩出市東坂本の県植物公園緑化センターで、石川裕士撮影
見頃を迎えたヒマワリ=和歌山県岩出市東坂本の県植物公園緑化センターで、石川裕士撮影

 岩出市東坂本の県植物公園緑花センターで、東日本大震災の被災地から届いた種から育ったヒマワリが見ごろを迎え、鮮やかな黄色い花を咲かせている。

 ヒマワリの種は、東日本大震災で児童、教職員計84人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小の保護者らが悲劇を忘れないようにと栽培したもので、種子が全国に配…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

あわせて読みたい

ニュース特集