メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パキスタン

シャリフ首相失職 最高裁命令 パナマ文書で不正浮上

 【イスラマバード金子淳】パキスタンのシャリフ首相の親族が租税回避地(タックスヘイブン)にオフショア企業を設立し課税逃れなどをしていたとされる疑惑で、最高裁は28日、シャリフ首相が所得隠しに関与したとして議員資格の剥奪と首相の罷免を命じた。

 ロイター通信によると、最高裁の判断を受け、シャリフ首相は即日自ら辞任した。与党は後継の首相を擁立する方針だが、野党には来年に予定される総選挙の前倒しを求める声もあり、政治の混乱が深まるのは必至だ。

 不正疑惑は昨年、租税回避地の実態を暴いた「パナマ文書」で浮上。シャリフ氏の娘マリヤム氏や息子2人が…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文740文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです