メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牛肉関税上げ

米反発「通商関係害する」 緊急輸入制限、来月から

 政府は28日、冷凍牛肉の輸入量が基準を超えたため、8月1日から緊急輸入制限(セーフガード)を発動すると発表した。期間は来年3月末までで、関税を現在の38・5%から50%に引き上げる。これに対し、パーデュー米農務長官は28日、「対日貿易赤字を増やす可能性が高く、日米の2国間通商関係を害する」との声明を発表。牛肉関税の高さを問題視する米トランプ政権との間で新たな摩擦が生じた格好だ。【工藤昭久、ワシントン清水憲司】

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです