メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

高レベル放射性廃棄物 なぜ地下に?=回答・岡田英

長期間、安全に管理 「未知の活断層」リスクも

 なるほドリ 核のごみはなぜ地下に埋めるの?

 記者 核のごみは原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムなどを取り出した後に残る廃液(はいえき)で、高レベル放射性廃棄物(ほうしゃせいはいきぶつ)と呼ばれます。名前の通り放射線がとても強く、安全なレベルに下がるには10万年以上かかります。今から10万年前というと、ネアンデルタール人が暮らしていた時代。10万年後まで人間が核のごみを管理し続けられる保証はありません。地下深くに埋める「地層処分(ちそうしょぶん)」なら、遠い将来に人間による管理がなくなっても、放射線による影響が地上に及ぶことはないだろうと考えられました。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文801文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです